運転免許とは

運転免許とは道路で自動車または原動機付自転車を認める許可する運転免許のことです。日本での運転免許証は、この免許の制度は道路交通法に規定されております。業務は管理は公安委員会が行っています。そして、この免許の制度と規制は道路交通法に規定されており、管理は公安委員会が行っています。業務は委任により警視庁と都道府県の警察本部が行っています。だから、この運転免許証は都道府県の公安委員会名で交付されています。

そして、この免許に条件(めがねが必要)(オートマチック)などが付いている時は必ず守り運転をしなければなりません。この運転免許を取得するには運転試験場で実技試験と学科試験を受けることが原則です。ただ、指定自動車教習所へ入所し、卒業検定に合格すると運転試験場での実技試験は免除されています。現在では指定自動車教習所で取得する方法が多くて、運転免許試験場で試験を受ける人を『一発試験』『飛び込み試験』といわれております。

これではじめて合格となれば運転免許が与えられるのです。この免許は期間内有効ですが、更新しない場合は有効期間終了でその免許は失効してしまうため再度運転免許は取得する必要があります。もう一度免許試験を受ける必要が出てきます。なかにはうっかり失効してしまう人もいるのです。その人たちは6ヶ月以内の免許証の手続きは所定の講習を受けると学科と技能試験は免除されて、視力と運動能力の試験で免許証は交付できます。失効しないよう早めに手続きはしましょう。